ハッピー製菓調理専門学校

happyblog

ハッピーブログ

  • >
  • ハッピーブログ
  • >
  • 下積み時代!調理師1年目の給料を知っていますか?

下積み時代!調理師1年目の給料を知っていますか?

体力や勤務時間の面でハードだといわれる調理師。そんな調理師への道を目指す人の中には、待遇面について気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、晴れて調理師の資格を取って働き始めた人が、1年目にどれくらいの給料をもらえているのか、その実態を紹介していきます。

 

初任給は10万円台がほとんど

調理師として働き出してすぐに料理を任されるようなことは稀で、ほとんどの場合、1年目は下積みをして過ごすことになります。下積み時代は、先輩たち以上に忙しく働かなければならないこともあり非常につらい時期ですが、残念ながら忙しさと給料は比例しません。

調理師の求人を見てみると、地域間の差はあるものの、ほとんどが未経験の初任給は10万円台後半、良くて20万円台前半となっています。

また、データから見ると、厚生労働省が行った「平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」調査では、「宿泊業、飲食サービス業」の初任給の平均は、高校卒で15万7,600円、高専・短大卒で16万8,200円、大学卒で19万4,500円でした。これは、ほかの産業と比較しても低水準の部類といえます。

宿泊業も入っているので、一概にはいえませんが、他業界と比べると、調理師の初任給には、あまり期待ができないようです。

 

アルバイトとして働く場合は?

調理師の資格を取っても、希望の店に正社員採用がない場合や、働きながら調理師免許の取得を目指す場合などは、アルバイトとして飲食店で働くことになります。

すでに調理師の資格を持っている場合は、1,000円前後の時給を貰えるところもあるのですが、調理師未取得の場合、800円前後ということも少なくありません。これは、ほぼ最低賃金+αといったところで、高い時給とはいえません。

もちろん、アルバイトにしろ正社員にしろ、経験を積めば収入は増えていきますが、伸び幅はあまり多くないため、給与面の向上を目的に独立するというケースが多いです。

 

すでに調理師の資格を持っている場合は、1,000円前後の時給を貰えるところもあるのですが、調理師未取得の場合、800円前後ということも少なくありません。これは、ほぼ最低賃金+αといったところで、高い時給とはいえません。

 

もちろん、アルバイトにしろ正社員にしろ、経験を積めば収入は増えていきますが、伸び幅はあまり多くないため、給与面の向上を目的に独立するというケースが多いです。

 

まとめ

調理師の場合、1年目の給与はあまり期待ができない割に厳しい修業が待っているため、嫌になって辞めてしまう人も多く見受けられます。

調理師を目指すのであれば、「なぜ自分が調理師になりたいのか」といった目的や目標をしっかり見据えて、下積み時代を乗り切れるように心の準備をしておきましょう。