ハッピー製菓調理専門学校

happyblog

ハッピーブログ

  • >
  • ハッピーブログ
  • >
  • 調理師としての就職先には、どんなところがある?

調理師としての就職先には、どんなところがある?

調理師というと、レストランのキッチンで忙しく料理を作っている姿を想像する人が多いかもしれません。たしかに、レストランで働く人は多いのですが、調理師の活躍の場はそれだけではありません。

ここでは、多様な調理師の就職先の一部をご紹介します。

 

飲食店で働く人は多い

調理師の資格を取った人の就職先として、もっとも多いのはやはり飲食店です。ただ、単純に飲食店といってもその幅は広く、和・洋・中・エスニックなど専門のレストランから、和洋食を総合的に取り扱うファミリーレストランまで、さまざまな職場があります。

また、店舗の規模も、大手のチェーン系飲食店もあれば個人経営のレストランやカフェもあって、店のサイズも2~3階立てから1坪しかない小料理屋までと、あらゆる広さがあります。

こうした飲食店から自分に合ったところを選び、調理だけでなく仕入れや仕込み、皿洗いなど後片付けなどをしていきます。

 

ホテルには調理師がたくさん!

また、一箇所に多くの調理師が集まっている職場としては、ホテルが挙げられます。大きなホテルは日々、企業や団体を相手にした宴席が開催されていて、大量の料理を同じタイミングで提供する必要があります。

そのほかにも、朝食のバイキングや結婚式で提供する料理など、多くのお客様を相手にするホテルでは、調理師を大量に雇用しておかなければなりません。

ホテルに勤務する場合、仕入れや仕込み等は一部の人が行っているため、調理師としてはそういった業務に携わる機会は少なく、レストラン同様、主に調理や後片付け、そして新メニューの考案などの業務を行なうことになります。

 

学校や病院にも調理師の需要はある

学校や病院などでもホテルと同様、一度に大量の料理を作るため、一定数の調理師が必要とされています。ホテルとの違いは、味はもちろんですが栄養に対するコントロールがシビアだということです。

そのため、管理栄養士が作成したレシピをもとに、大型の調理器具を利用して一気に料理を仕上げていきます。

 

まとめ

ここに挙げたのはあくまでも調理師の職場の一例で、ほかにも、たとえば料理スクールで講師として働く人もいますし、食品メーカーで新商品開発を担当している人もいます。それぞれ仕事内容や環境、待遇はまったく違いますので、就職を決める際は複数の職場を比較して、慎重に選ぶと良いでしょう。

専門学校の中には現場研修を採用しているところもあり、こうした経験を積んでいくと将来のイメージがしやすくなります。