ハッピー製菓調理専門学校

happyblog

ハッピーブログ

  • >
  • ハッピーブログ
  • >
  • 調理師になるために、必要な要素とは!?

調理師になるために、必要な要素とは!?

ただ「人よりも料理が上手」なだけでは、調理師の仕事は務まりません。
お客様からお金をもらって料理を提供するためには、味だけでなく見た目や衛生面、店の内外装など、あらゆることに気を使う必要があるからです。

では、そんな調理師の仕事をするために求められる要素とは何でしょうか。この記事では、調理師を目指すうえで持っておきたい視点を紹介します。

 

「料理が好きなこと」は必須条件

調理師になるのにもっとも重要なのは、「料理の腕がある」「人よりも料理が上手だ」ということよりも、「料理が好きだ」という気持ち(情熱)です。

というのも料理の実力、つまり技術や知識は、経験を積んでいけば身に付いていくものだからです。一方で、そのためにしなければならない多くの努力は、「料理が好き」という気持ちがなければできません。もちろん、周りのライバルはやはり料理好きな人たちばかりでしょう。

もし、「料理はそこまで好きではないけど、調理師にならなければならない」という状況の人がいたら、何かひとつ、どんなジャンル、どんな料理でもいいので、興味があるものを持っておくことをおすすめします。

 

技術や知識を基にした「オリジナル」を

調理師としてのキャリアを積んでいけば、誰しも「それなり」の料理を作れるようになるでしょう。というのも、料理は昨日今日生まれたようなものではなく、有史以来の膨大なデータ、つまりレシピがあるからです。

レシピから料理を作る技術を手に入れることができれば、おいしい料理をお客様に提供することは可能です。ただ、それでは数多くいる調理師のうちの一人にしかなれません。

ほかから抜きん出て、「オンリーワン」の調理師になるためには、ほかの人にはないアイデアを実現するための発想力と行動力が必要です。もちろん、新たなことをするためには失敗がつきものですが、それでもあきらめずに前に進んだ人だけが、調理師として次のステップに進むことができます。

 

まとめ

飲食業界は、ほかの業界にも増して「伝統と革新」を強く意識させられるところです。これまで先人たちが培ってきたノウハウを活かして、まだ見ぬ料理の創作にチャレンジしていく。そんな向上心こそ、調理師を目指す人が持っておきたい要素だといえるでしょう。