下積み時代!パティシエ1年目の給料を知っていますか?

パティシエの下積み時代はなかなか大変であることをご存じですか?

その要因の1つが「お金」です。パティシエの道を目指す方は、特に「下積み時代の給与があまり高くないこと」を覚悟しておく必要があります。

夢を目指す前からあまり悲観する必要はありませんが、特に専門学校などに進む前には「なぜ自分はパティシエになりたいのか」を改めて自問自答して、きちんと覚悟を決めておくようにしましょう。

ここからは正社員とアルバイトに分けて「パティシエの初任給」をご紹介しています。

正社員パティシエの初任給の相場とは

まずは正社員としてパティシエ採用された場合の初任給を見ていきましょう。

パティシエの初任給は、多くても月20万円を超えることは珍しいと言えるかと思います。年収にすると、200万円台といったところでしょう。

特に個人経営のお店は、給与が安い傾向にあり、場合によっては初任給が15万円を切ってしまうこともあると言います。
なお個人経営のお店で働く場合には、働いた年数によって大きく給与が上がったり、ボーナスが出たり、ということはあまり期待しないほうが良いかも知れません。

一方、ホテルやブランドの確立した専門店では比較的高給ではありますが、やはり初任給で月20万円を超えるケースはあまりないようです。ただし個人経営のお店とは違い、ボーナスや昇給も期待できます。

もう1つの職場としては、製菓に携わる大企業の工場勤務など考えられます。
残業代がちゃんと出してくれる環境であれば、初任給が月20万円を超えてくるケースもあるようです。

アルバイトとして働く人の相場とは

様々なお店で働きたいという方や、自分に合ったお店を見つけたという方は「アルバイトとして働く」という方法もあります。

アルバイトの場合は、勤務時間を自分で選ぶことができるため一概に平均をとること難しいですが、年収は200万〜300万円前後と言えるかと思います。

アルバイトは時給制ですので、働けば働いた分だけ給与が増えます。遅くまで働いても残業代がしっかりと出ることも期待できるでしょう。

一見すると、正社員として働くよりも条件が良いと感じられるかもしれませんが、社会保障などの点から少々不利な面もあると言えるかもしれません。

また、アルバイトの場合には「イヤなら簡単に辞めてしまえる」というデメリットもあります。単純にお金の面だけを考えてアルバイトという働き方を選ぶ、ということであれば「長期的に見たときに本当に得になっているのか」という点をよく考えましょう。

習得すべき技術や必要な経験を身につけられないようでは「本末転倒」ということになってしまいます。

まとめ

見ていただいてお分かりのように、パティシエ1年目のお給料は決して満足できるものではありません。

「大変な事はしたくない」「すぐにお金がほしい」という方の場合、残念ながらパティシエという職業には向いていないかもしれません。

しかし、企業やホテル、有名専門店の主力パティシエに採用されたり、ヒットするお菓子を作ることができたり。
あなたの力が認められれば、500万円以上の年収を期待することも不可能ではありません。パティシエの年収は、ある時期を境にして格段にアップすることがあります。

飽くなき向上心と、お菓子作りへの情熱が、将来的な年収に反映されていきますので「長期的で確実なスキルアップ&キャリアアップ」を目指しましょう。

そのためにはやはり「初心を忘れないこと」が肝心です。

これから製菓系の専門学校などに進まれる方は「どんなパティシエになりたいのか」「パティシエとしてどんな価値を創造したいのか」を明確にしてくださいね。

こういった初心こそが、苦しい時期を乗り越える上での「大きな支え」となります。

(*このページに記載された金額はあくまでも目安となっております。業界の動きなどによって常に上下していることをご了承下さい)

< 一覧へ戻る