2年次カリキュラム

2年次

「つくる」と「売る」、2つのチカラを徹底的に磨く!

1年次で学んだ技術をベースに、マジパン細工や工芸菓子など応用スキルを身につけます。さらに、スイーツのディスプレーやラッピング、お客様とのコミュニケーション技術までを修得。プロとして作ること、売ることの両方ができるようになります。

2年次カリキュラム

パティシエとしての創造力を引き出す!

毎年10月に行われる日本最大級の洋菓子コンクール「ジャパン・ケーキショー東京」に挑戦。出品を目指して、ケーキデザインや製造などすべての工程を行います。パティシエの登竜門でもあるこの大会に参加し、自らが持つ技術力と創造力を思う存分に発揮することができます。

パティシエとしての創造力を引き出す

バラエティ豊かな専門科目で、
実践力を身につける。

製菓や製パンの技術と同様に、現場で必要とされる販売の知識や言語など。ハッピースイーツでは、多彩な専門科目を通して学ぶことができます。

バラエティ豊かな専門科目で実践力を身につける

製菓・製パン技術を習熟し、実践力を身につける!

ショップデザイン

ショップデザイン

ショップの装飾、商品ディスプレーのノウハウ、ラッピングの技術、店頭のPOP広告など、販売するスイーツをより 魅力的に見せるための多種多様な技術を身につけます。

接客

接客ベーシック

来店されるお客様に気持ちよく商品をお買い上げいただくためには「接客力」を修得することが大切。わかりやすい商品説明やマナーについて、ロールプレイングを通して学びます。

フランス語

フランス語

材料名、レシピ、お菓子の名前、挨拶など、スイーツ業界のいたるところで使われるフランス語。基礎会話や読み書きができるレベルまで学び、洋菓子への理解を深めます。

学内ショップ実習で
「売る技術」を習得する。

学園内にあるスイーツショップでは週に1回、学生が実習で作ったスイーツを販売します。授業で身につけた技術や知識を活かして、仕入れ、製造、接客・販売を行いながらレベルアップを図ります。さらに店舗運営に必要な工程、お金の管理などについて学ぶことができます。

学内ショップ実習で「売る技術」を習得する

2年次の合計授業時間

2年次の合計授業時間

2年次の時間割例

1年次の合計授業時間 実習 学科

※カリキュラムは一部変更となる場合があります。

プログラム

ジャパンケーキショー東京

商品化を目指したペリエ千葉とのコラボコンテスト。

2016月11月1日から13日の間で開催された千葉酪農農業協同組合の乳製品を使用したレシピコンテスト。今回で2回目となる当コンテストは、ペリエ千葉とのコラボ企画で、学生たちがグループを作りレシピを考案。期間中、ペリエ千葉・ストリート内の特設会場にてコンテスト参加作品を紹介しました。一般のお客様が一番食べてみたいスイーツに投票し、グランプリを獲得したスイーツは、12月5日から31日の期間中、ペリチカの「お菓子工房バニーユ」にて、商品化・数量限定販売されました。

チョコレート工芸菓子

海外研修旅行

お菓子作りの本場を、肌で感じる。
フランススイーツ研修。

日本において「洋菓子」と呼ばれるものの大部分は、フランス菓子が原点です。この研修旅行ではスイーツの本場・フランスに行き、現地の製菓専門学校でパティシエ研修や店舗見学を行います。ヨーロッパの文化や歴史を体感することで、日本の風土が見えてくる。そんな発見を重ねて、グローバルに視点を拡げます。

海外研修の様子

海外研修のメニュー

現地製菓学校の実習
ル・コルドン・ブルーやルノートルなど世界的にも有名な学校で、フランス人講師より指導を受けます。フランスならではの材料や道具、また本場の製法に触れ、技術を磨きます。


パリ観光
「食の都パリ」の有名なパティスリーを巡ります。また、多くの世界遺産や美術品に触れ、職人としての感性を磨きます。
生徒の声
2年生

ハッピースイーツには授業はもちろん、そのほかの時間でも学べることがたくさんあります。例えば「ジャパン・ケーキショー東京」への出展に向けてチャレンジしたとき。ケーキを何度作っても、湿気が原因で壊れてしまったんです。放課後に作業しても全然終わらなくて、くじけそうになりました。大切な作品を完璧に作るためには、これほど体力と精神力が必要なんだなと実感しました。いまの目標は、ウエディングケーキを任されるほどの技術を身につけること。人生で一度の大切な記念日に関われるパティシエになれるように、スキルと知識を磨いていきたいです!

生徒2人
資料請求 オープンキャンパス